辰巳芳子オフィシャルサイト*茂仁香

ある飲んべェの獨言

 北翔若い頃、といっても四十代の十年間だが、縁があって池波正太郎の書生を務めた。残念ながらその間に小説で稼ぐ法を教わらなかったから、いまだに無名の物書きだ。
 しかし、「食べることと生きることは同義だ。真剣に飲み食いしていない奴は真剣に生きているとはいえない」という池波流の人生哲学だけは骨の髄まで叩き込まれた。
 池波正太郎から耳にタコができるほど聞かされたもう一つの台詞はこうだ。
「確実な死に向かって、確実に有限な時間を減らして行く。それが人の一生だ。しかも今日が最後の一日ではないという保証はだれにもない。だから今日というが大事なんだ。毎日その覚悟で飯を食え。毎日その覚悟で酒を飲め」
 毎晩、その亡師の言を思いつつ酒を飲む。これがおれの最後の一杯か・・・・・・と思いながら飲む酒はしみじみ身にしみてうまい。それだけにいい加減なその場しのぎの酒は決して飲むまいと心に決めている。
 そういう人間が、これも不思議というしかない御縁をいただいて、辰巳芳子に師事することになって数年になる。いわずと知れた鎌倉は浄明寺から全国津々浦々に目を光らせ、日本食文化のお目付け役として、明日の日本を守るべく檄を飛ばすコワーイバアサマである。世の中では料理研究家で通っているが、実は「食」を切り口として「生」の根源を追求し続けている希有の哲学者、と私は確信している。なればこそ七十をとっくに過ぎたこの齢で鎌倉へ通い、毎回、こっぴどく叱られてションボリしながら、それでもまだ、
(おれのトシで教えを乞う師があるとすれば辰巳芳子の他にはあり得ない・・・・・・)
 と、鎌倉通いを止めない。
 私が勝手に生涯最後の師匠と決めている辰巳芳子の数え切れないほどの著書の一節に、こんなくだりがある。
「いのちの目指すところは、生物としてのヒトが信・望・愛を秘めた人になること。ヒトが人になりうる条件は多々あるが、欠ければとり返しのつかぬ条件の一つに食は厳としてある。この確信を言葉にするための、親娘二代であったのだろうか」
 亡師・池波正太郎からは食べる現場での心得の数々を実地教育で学んだ。現師・辰巳芳子からは「人間にとって食べるとは何か」という根本的命題を一所懸命に学びつつある。これほど「師とのめぐり合い」で強運な男はまァ、おれしかいないだろうなァ・・・・・・と、つくづく思う。
 その強運を自画自賛しつつ気分よく一杯やっているところへ電話が鳴り、ヤレヤレ・・・・・いまごろだれだ・・・・・と思いながら受話器を取ると、何と鎌倉からである。
オーヘンリー「はい、先生、何でしょうか」
「あのねえ、今度うちでやってる茂仁香[モニカ]という全国優品取り次ぎ所で、お酒も扱ってよいという許可が下りたの。それでね・・・・・・」
「どんな酒がいいか、と・・・・・・」
「そうなの。前に佐藤さんに教わった稀代の麦焼酎O[オー]・ヘンリーはどうしても茂仁香で扱いたいから、何とかしてくださいませ」
「わかりました。さっそく段取りします」
「だけど日本酒のことは、二、三種類は扱いたいと思うのだけれど、私には何をどう選んでよいやらわからないから、佐藤さん、全権を委任するからお願い・・・・・・」
「はい。私なりに何とかいたします」
 とは答えたものの、さて、どうしたものかと考えた。考えるまでもなく答えはすぐに出た。普段、自分がいいと思っている飲み方に従って、普段愛飲している酒をお勧めする。これしかない。
 日本酒は伝統的な「初添・仲添・留添」の三段仕込みが定法である。その古法に敬意を表し、飲み方も「添の酒」「仲の酒」「留の酒」の三段切り替えを実践している。
 添の酒とは食前酒で、これは香り華やかな大吟醸がいい。しかし大吟は自己主張の強い妾酒で、料理以上に出しゃばりたがる。長く飲んでいると飲み疲れする。だから干口子とか唐墨とか極上の珍味を肴に、食前にちょっとだけ味わうのがいい。
大吟醸越後流 さあ、これからしっかり食べるぞとなったら、仲の酒(食中酒)には味も香りも控えめで料理の引き立て役に徹した本醸造がいい。これを私は女房酒と呼んでいる。気心知れた女房酒なら毎日付き合って疲れない。
 留の酒は一応食事が終わった後の、文字通り「これで打ち止め」の挨拶のようなものだから、量は不要で、私の場合は添で飲った大吟を改めて一杯か純米吟醸を少々。近頃ではむしろ留の酒は日本酒ではなくO・ヘンリーという麦焼酎にぞっこんで、もっぱらこれをオンザロックで楽しんでいる。
 さて、添の酒・仲の酒・留の酒をそれぞれ別の蔵から探して取り寄せるというのも、それはそれで楽しい苦労で私も昔はそうしていたが、もう齢で面倒なことはしたくない。そこで付き合う蔵を越後村上の大洋酒造一つにしてしまった。この蔵とはすでに三十年の親交があり、私にとっては親戚も同然。毎晩、添の酒に「越後流」、仲の酒に「越乃松露」、留の酒に「北翔」があればご満悦である。あとはO・ヘンリーがあれば文句はない。呵々。

お酒の購入はこちらからー茂仁香へ